本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

5

0

見放題

この動画を視聴するには

※この動画は、月額見放題ご契約の方のみ視聴ができます

購入済みの方は、ログインして視聴

第1回 邪馬台国研究の歩み

第1回 邪馬台国研究の歩み 

いわゆる「邪馬台国」論争とは、「魏志倭人伝」に記載された女王卑弥呼の都とされる邪馬台国がどこにあったのかをめぐる江戸時代以来の論争ことです。

この論争の基本史料は「魏志倭人伝」ですが、これは西晋の陳寿が編纂した三国時代の歴史書『三国志』のうち、「魏書」烏丸鮮卑東夷伝にある倭人条(倭人伝)の一般的呼称です。

大きくは東遷説を含む九州説と畿内説に分かれて議論が展開され、現在でも論争は継続しています。

講座資料はこちらから

 


学ぶこと

現在における「魏志倭人伝」の研究は、単純な位置・方位論にとらわれることなく、

厳密に史料を検証し、東アジア的視点及び考古学成果との対比(纏向遺跡・箸墓古墳・出土鏡)することが大切です。

本講座では、いわゆる「邪馬台国」論争について基礎的事項の確認するとともに、近年の動向を紹介します。

【こんな方へおすすめ】

  • 古代史に興味のある方
  • 日本史の最新の知見を得たい方
 


講師:仁藤 敦史(にとう あつし)
国立歴史民俗博物館研究部教授

1960年生。静岡県出身。早稲田大学大学院文学研究科満期退学。博士(文学)。

早稲田大学第一文学部助手を経て、現在、国立歴史民俗博物館研究部教授。

専門は日本古代史(古代王権論・都城制成立過程の研究)。

主な著書に、『卑弥呼と台与』(山川出版社)、『古代王権と都城』(吉川弘文館)
『古代王権と支配構造』(同前)、『女帝の世紀』(角川学術出版)など。

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる