本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

0

見放題

この動画を視聴するには

※この動画は、月額見放題ご契約の方のみ視聴ができます

購入済みの方は、ログインして視聴

第8回 亥の子餅あれこれ食べ比べ~「炉開き」のお抹茶と味わう

茶道では、旧暦11月=“亥の月”最初の“亥の日”を「炉開き」として、11月から4月まで使う「炉」を初めて開き、その年の新茶を味わいます。

2022年は11月6日に当たり、この日にいただく菓子が「亥の子餅(いのこもち)」。

猪の子供の姿を模したお菓子です。本来は夜21-23時頃にあたる“亥の刻”に食べるものですが、少し早めに味わいながら、なぜ「炉開き」にこのお菓子を食べるようになったのか、その由来について学びましょう。

タイプの異なる「亥の子餅」を6-7種類ほどご用意しますので、それぞれの特徴やお店のこだわりを知り、リアルタイムで味わい比べることで、違いがよくわかります。

ぜひご自身のお気に入りとの出会いを楽しんでください。

さらに今回は特別にお抹茶とともにお菓子を味わっていただく時間も設ける予定です。

日本の伝統文化に触れる貴重な機会をどうぞお見逃しなく!


【こんな方へおすすめ】

  • スイーツが大好き!な方
  • 洋菓子より和菓子が好き!という方
  • スイーツジャーナリスト平岩理緒さんの情報を常にチェックしている方
  • 日本の文化や食文化に興味がある方

平岩理緒 スイーツジャーナリスト

マーケティング会社を経て製菓学校で学び、独立。歴史や風土に根差した国内外の銘菓やトレンドに精通し、各種媒体で情報を発信。

商品開発アドバイザー、イベント監修や司会、コンテスト審査員、講演など幅広く活動。情報サイト「幸せのケーキ共和国」主宰。

「All About」スイーツガイド、「おとりよせネット」達人、日経新聞スイーツランキング審査員等も務める。

著書『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)など。

『厳選スイーツ手帖』『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)監修。

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる