本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

0

見放題

この動画を視聴するには

※この動画は、月額見放題ご契約の方のみ視聴ができます

購入済みの方は、ログインして視聴

第2回 世界遺産・興福寺五重塔令和大修理

世界遺産・興福寺は平城遷都(710)にともない、現在の場所に移築され1300年の時を重ねています。

中世には大和一国を支配する権勢を誇り、 また文化・芸能・食の発展においても重要な役割を果たしました。

特に能楽や清酒(醸造技法)の進歩に大きく貢献しています。

戦国時代になると衰退の兆しを示しますが、それでも21,000石という知行を維持し面目を保ちます。

しかし、幕末から明治維新時にかけての興福寺は神仏分離や廃仏毀釈の影響を受け、 伽藍の大半を失いました。 明治初年には五重塔が売りに? そんな逸話も残る苦難の時代でした。

現在の興福寺は、境内地約2万5千坪を有し、「天平の文化空間の再構成」を合言葉に、 享保(1717)の大火で失われた中金堂の再建(2018年落慶)をはじめとし、 仏像や堂塔の保存修理を精力的に行っています。

来年度からは明治三十三年(1900)以来の五重塔修理にも着手いたします。

本講座では興福寺のあゆみとこの先の課題や展望についてお話をいたします。

第2回 興福寺五重塔令和大修理 その2

信仰のシンボル「仏塔」。

インドに起源をもつ仏塔は、中国や朝鮮を経て日本へ伝わりました。
(588年 百済から日本へ仏舎利とともに僧侶・技術者が渡来)

日本の塔には心柱が採用されており、この建築様式は他国の仏塔には見ることができません。

第2回は日本の塔の歴史や不思議についてのお話です。

また、五重塔修理前の調査で新たに発見されたことなど、最新の情報もお伝えします。

 

【こんな方へおすすめ】

  • 興福寺や奈良に興味がある方
  • 日本の歴史や文化に興味がある方
  • 日本の伝統建築に興味がある方
  • 神社仏閣に興味がある方




講師:辻 明俊(つじ みょうしゅん)
常如院住職/興福寺境内管理室長

1977年奈良県生まれ。2000年 大谷大学 文学部仏教学科卒業、興福寺入山。

2004年から広報・企画事業などに携わり、現在に至る。

2011年、一生に一度しか受けることを許されない「竪義」を無事に終え、2012年から興福寺・常如院住職。 2014年、興福寺・執事に就任。

2017年からは境内管理室長も兼ねる。

【著書】
お坊さんに聞く108の智慧』(共著 藝術学舎) 2017年
興福寺の365日』(単著 西日本出版社)2020年





講師:内藤 泰朗(ないとう やすお)
JAPAN Forward 編集長

英文ニュース・オピニオンサイト「JAPAN Forward」編集長。

青山学院大学物理学科卒業後、1989年に産経新聞社入社。

プノンペン、モスクワ、ロンドンの各特派員のほか、米ジョージワシントン大学ロシア・ユーラシア研究所でフルブライト客員研究員を務めた。

モスクワ駐在中の2005年、産経新聞の連載「日露開戦から100年 第2部 帝国の憂鬱(ゆううつ)」が評価され、ロシアの独立団体、メディアソユーズの「ゴールデン・ワード賞」銀賞を受賞。

ロンドン駐在中の2015年には、神風特攻隊の攻撃で父親を失った英国人が特攻隊員の遺族と対面するまでを追った一連の記事で、英国の外国プレス協会(FPA)「年間報道大賞」を受賞。

著書に「北方領土は泣いている」(共著)など。

1964年3月20日、東京生まれ。1男2女の父。

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる