本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

0

見放題

この動画を視聴するには

※この動画は、月額見放題ご契約の方のみ視聴ができます

購入済みの方は、ログインして視聴

GINZA文楽の挑戦

今回の演目『端模様夢路門松(つめもよう ゆめじのかどまつ)』は、 そのツメ人形が主役というだけでなく、 昨年人間国宝に認定された人形遣い桐竹勘十郎氏が 30数年前の若き日に作った作品、という超レアな演目で、 ほとんど知られていない作品です。

この講座では「端模様夢路門松」の内容が分かる貴重な資料をご覧いただくとともに、 桐竹勘十郎氏からのメッセージもご披露頂きます。

制作担当者から直接制作秘話をお聞きできるこの講座。

今とても注目されているこの公演が益々興味深くなり、楽しめる為の情報が満載です。

「GINZA文楽」は今後毎年開催予定とお聞きしていますが、 制作担当の藤澤氏からその計画や構想もお聞きします。

*文楽人形遣いで人間国宝の桐竹勘十郎氏からメッセージを頂いております。


学ぶこと

文楽は三人で一体の人形を遣う事が大きな特色ですが、 その他大勢といった端役は1人遣いのツメ人形が登場します。

今回の演目『端模様夢路門松(つめもよう ゆめじのかどまつ)』は、 そのツメ人形が主役というだけでなく、

昨年人間国宝に認定された人形遣い桐竹勘十郎氏が 30数年前の若き日に作った作品、という超レアな演目で、 ほとんど知られていない作品です。


講師:藤澤 優 一般社団法人日本の伝統芸能代表理事

1954年生まれ。

日本大学芸術学部卒。

MIJ(Made in Japan)を海外へ! 物の輸出だけでなく、日本文化、伝統芸能を海外へ紹介している。

能楽、文楽はヨーロッパ各地、アジアではシンガポール、ベトナムなどで公演。

国内では新作や復曲の制作を手掛け、若手の育成を主とした公演活動も積極的に行っている。著書に「中学英語でわかる日本文化」などがある。

GINZA文楽 特設サイト

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる